Fのメス犬調教(4)

さらに大量のローターをオマンコに押し込む。

「言うことを聞かないなら聞けるようにしてやろう」

オマンコにテープで蓋をしてしまう。

Fはオマンコに6個のローターを押し込まれ、クリトリスにローターを貼り付けられている。

「ああっ!ああっ!いやぁーん!」

「顔を上げなさい」

urinoscopic

手元のローターを部屋の向こうに放り投げる。

「取ってこい」
「ダメぇ・・」
「ダメじゃないだろ。ちゃんと言うことを聞きなさい」
「んんー・・」
「オマンコからローター落とすんじゃないぞ」

モジモジと身をよじりながら必死に這っていく。

530-846-5504

ローターを部屋の向こうに投げた。

「取ってこい」

Fはローターのところまで這って行ったが、どうしていいか分からないらしく、こちらを振り返ったり手でさわろうとしている。

「口で咥えて持ってくるんだよ。犬だろう」

Fのメス犬調教(1)

ホテルに行く前にいっしょにご飯を食べていると、Fはどうでもいいことでよく笑うごく普通の女の子だ。

こんな普通の子が、いざエッチが始まるととんでもなくエロく淫乱になる。

「おいしかった」

Fは満足そうだった。